和モダン特集

■『和モダン庭園の手法』

草樹舎の代表須長の著書が出版されました。

『和モダン庭園の手法』という本で、“和モダン”とは何か、ということから作庭事例の紹介、さらに近代の明治・大正・昭和に作庭された“モダン和風”の庭園について書かれたものです。

その著書の中で紹介している和モダン庭園の事例をここで紹介いたします。

 

 

 

園路

長いアプローチは単調になりがちです。

園路は家人や来客の視線をコントロールし、自然な流れを生み出しながら見せたいものを強調することで庭そのものの印象をかえることもできます。

 

敷地周囲の環境に目隠ししたいものが多かったため、インパクトの強い竹を使い、モダンな印象に仕上げました。単調になりがちな園路には、四角い枠をアクセントに。

かつての和風庭園に必ず見られたような石組みは、現在の庭にはほとんど見られません。特に石の文化が長い関西に比べ、関東地方では石を使うことよりも、植栽でまとめる傾向にあります。しかし、今も石は庭園デザインにおける重要な要素であり、和モダン庭園には欠かせない存在です。

 

家族が忙しく、庭に手をかける時間をとることができなかったため、以前は雑草が生えないように砂利を敷いていました。しかし、京都の寺の石庭のように、石を敷き詰めることで多様な表情が生まれ、手を掛けずとも十分に庭を楽しめるようになりました。

シンプルなデザインの空間に、黒御影のモダンな手水鉢を置くことで、和の印象を強めました。

敷きこんだ白河石は和にも洋にも溶け込み、現代の住宅事情にぴったりマッチします。

植栽

 

竹で演出する和テイストのバスコート。

 

自然光はほとんど入らず、普通の樹木では育成が難しかったため、上に強く伸びる孟宗竹をセレクトしました。さらに、夜間入浴時により明るく演出するため、ステンレスの板を何枚か配しています。

営業時間

平日10:00~18:00 

定休日

土・日曜日、祝祭日

お問い合わせ

〒350-0056

埼玉県川越市松江町1-16-1

藤和川越コープ901

TEL: 049-227-3234

FAX: 049-227-3235

お問い合わせはこちらから